食生活から見直す腸内環境|美腸を目指す方法

栄養補助食品

お腹の調子を整える

婦人の腹部

外食でのポイント

食生活の改善が腸内環境に良いことは理解していても、普段の習慣を変えることは意外と難しいため、テクニックの1つに外食メニューの選び方が挙げられます。定食物には主菜だけではなく、副菜に食物繊維豊富な食材が使われています。ですが、単品ものの場合の食物繊維の摂取に難色が示されており、テクニックとしてはトッピングの選び方を挙げることができます。また、早食いは特に腸の調子を整える上で避けたい行動で、特に立ち食いなどは負担をかけてしまいます。そばやスパゲッティなどは、どんぶりものよりは食物繊維が豊富で、キノコや山菜そばを選んでみたり、スパゲッティではほうれん草やキノコ類、中華麺類には薬味などをトッピングすることが大切です。腸内環境の悪化で下痢が続く場合でも、一定の食物繊維は摂取すべきで、筋の少ない食品を選び、温めて摂取します。

水分の必要性

健康食品を口から摂取すると、それを消化するために大量の消化酵素が必要となり、1日に約8Lの水分が体内から分泌されています。腸内環境の悪化から下痢を起こしている場合に、極端に水分を摂らないと脱水になり、さらには体調を崩しやすくなります。また同じく、便秘の場合にも水分を控えてしまうことがさらに便秘に繋がりやすく、女性に多いのがダイエットで十分な食事を摂らないために便秘を起こしています。中高年以降でも気をつけておきたい便秘は、便の通過を障害するような病気なども起こしやすくなるため、水分は必要です。腸内環境改善には水溶性食物繊維がポイントで、水に溶ける栄養素で、美容や健康に良い野菜や海藻などのビタミンやミネラルを含む食品に多く含まれ、保水目的で手軽に摂取できます。

スリッパと脚

健康な体を維持するために

冷え性の改善のためには体を冷やさないことが大切ですが、特に冷たい飲み物の飲み過ぎには注意しましょう。また、生姜や高麗人参が入っているサプリメントは、体を暖める効果を持つのでおすすめです。

サプリ

生活習慣病の予防と改善

サポニンは、生活習慣病の症状改善や予防に良いと言われ健康への作用が大きいとされる成分になります。サポニンにもいくつか種類があり、植物によって安全性が違うので高麗人参や大豆のものを選ぶと良いと言われています。

栄養補助食品

健康な体を保ちたい

フコイダンはめかぶや昆布に含まれていますが、海藻類から取り入れるとヨウ素を取りすぎてしまうおそれがあります。摂取するなら量をコントロールできるサプリメントを利用すると良いでしょう。1日に必要な量を加減できます。